2020年 個性化の時代へ

そう言えば、今年から地球全体の星座が水瓶座に入ったような気がします。

(少し抽象的な表現が入っていますが、よろしければこのままお付き合いください。)

水瓶座は自分をクリエイトしたり、個性化のエネルギー(性質)があるそうです。17年前、オーラソーマを習っていた頃、「もうすぐ水瓶座の時代が来る」なんて、良く話を聞きました。自分ときちんと向き合って、浄化して行かないといけない、というようなお話を聞いたような気がします。その頃は、そういった世界(スピリチュアル的な世界)には無縁でイマイチ何のことがよく分かりませんでしたが、「自分のことを知る」というセラピーとヒーリングを兼ねた道でコトコト歩いている内、感度が高まり時々不思議な感覚を受け取れるようになっていました。高次元の天使と繋がることも出来たことがあります。私の心の意志が正しかったからだと思います。たくさんのお客様の悩みや深い必要性の癒しと向き合う際、助けてもらい安心の中セラピーを行うことが出来た、という経験をしました。

『価値観を変えていく』そんなテーマが全体的にあり、結果意識より原因の大切さをサロンを通して提供しながら、お客様もトリートメントを通して癒された、変わった、と言う変化を通しながら学んだ時期がありました。

セラピーを行う際、いつも来てもらっていたのは、「サンジェルマン」です。サンジェルマンは、変化や変容する意思をサポートする大天使です。その時は、来てくれているのかどうかは分からなかったのですが、一度、セラピールームをお休みした時、『お役目御免』という言葉を発して去っていったことがあって、「あ〜来てくれていたんだ〜!」と、すごく感動して嬉しかったことを覚えています。

今は、自分がそこから先に進み、意識を向けても(声をかけてみても)「自分で出来るから自分でするように」と言われるだけになりました。とは言え、答えが返ってくるので、さりげなく​付き添っていてくれているんだな〜と思い嬉しくなります。感謝です。

(書いて欲しいとも、書くといいよとも言われるので、出来事と共に書いてみました。)

具体的にいつ頃からとは聞いたことがなかった時代の変化の時期ですが、今年、2020年からのようです。昨年秋頃から変わっていこうとするエネルギーの波が押し寄せ、今年、メニューとともにサロン名を個人名に変えるリニューアルを行いました。そして、そのプロセスを経て、かつて自分で作って来た自分へ戻ろうとしています。

2020年に入り、1月2月頃、自分のサロンスタイルや自分の変化もありながらも、何となく”全体的”(世の中的)に何かが変わって来たなという感覚があり、ふと水瓶座の時代に入ったんじゃないかと直感。セラピーを学び始めた頃よく聞いた『水瓶座の時代』です。(個人的にちょっと感動。)

 

『個性化の時代』なので、気持ちも引き締まります。そんな地球全体のエネルギーに何処か乗っているのだろうな、とも思いながらプロローグを書きました。(取り留めなく、読みにくい箇所があったらすみません。)

当時、(2002年〜2010年)ヒーリングルームを始めた友達や、教えてくれたティーチャーは、今はもうスクールもヒーリングルームを行っていないようです。どんどん「自分」が自由になるプロセスの中で、本当の自分の人生を大切にする場所に行っているのかな〜なんて思います。

個性化の時代、みんなどんな自分をこれから表現していくのだろう。これまでやって来たことをこれからも自分らしく楽しんで行くことなのか、ずっと自分はこうだと思っていたことを力強く実現させていくのか。

どちらにせよ、誰かのために無理をして頑張る時代が終わり、自由に自分らしく生きていたら、誰かのためになることをしている。。そんな時代がやってこようとしています。一人ひとりのペースは違うので、これからの人もいて、すでに始まった人もいることでしょう。

頑張ることは、外側にある「正しい理論」から行うことではなく、「心の意志」で行うことが大切です。前者でいると、ストレスを大きく抱えることになります。(日常的な(生きる上で)些細なストレスとは別タイプのストレスです。)

 

水瓶座の時代(自分をクリエイトする個性の時代)は、まるで、『ワクワクの時代』です。

本当の本心で自分がやりたいことや好きなことをする。〜でなければいけない、なんて、純粋な子供の頃にはなかったはず。素直に感じたことがあって、その中には”みんな”がいて、自分本意なんてない、ありのままの自分。

子供の頃、大人になったら何になりたい?と聞かれた時、大人になったら。。と想像したらワクワクした気持ちのよう。大人的には自分がやりたい事が素直に出来る喜び。

そんなことが、実現出来る時代です。(自分の好きなことをするのは自分を知っている必要があるので、そんな自己探究や自己観察の経験を歩いた人もいる。)周りの環境から自由になって、これまでのパターンから抜け出せた人(抜け出す必要があった人)が手にする自由の道。環境的に出来ないから・・と違うことをするのではなくチャレンジする。(一度きりの人生だから、というフレーズが当てはまる時代です。)

比較・競争の世界ではなく、自由に自分ペースで自分で行くこと。不安や心配から自由になれた時、実現できる自分らしさが「個性」です。一人ひとりの個性の時代は、形に良いも悪いも存在しないから、お互いを認め合い楽しみあう本当の平和が訪れる時代。(子供に何になりたい?と聞くのは人の本能だと思う。)

全体の意志に乗り遅れないよう、そして流行にのまれないように、自分の流れに乗って行きましょう。

ゆらり*椎 平 友 紀

©